保護猫との素敵な暮らし

保護猫との素敵な暮らし

冷たい雨の日に保護した野良猫が、素敵な家族に!

猫がご飯を残す原因とは? 野生時代の名残り! 他には?

f:id:ascot70:20210530165539j:plain

猫がご飯を残す原因とは? 野生時代の名残り! 他には?

猫は、少し食べては残し、また少し食べては残すという

「ちょい食べ」する猫が圧倒的に多いと感じます。

 

毎日の食事のスタイルを観察していないと、

「ちょい食べ」なのか体調不良なのか

判断に迷うことがありまね。

 

猫がご飯を残すその原因について纏めてみました。

猫がご飯を残す原因とは?

f:id:ascot70:20210530165646j:plain

猫がご飯を残し、少しづつ食べるのは、

自然の中で野性生活を強いられていた

時代の 名残りのようです。

 

もちろん個体差があるので、

全ての猫に当てはまるわけではないと思いますが?

 

僕の体験的な話ですが、

猫はもともと少し食べては残し、

また少し食べては残すという「ちょい食べ」が

多くの猫の食事のスタイルとの印象が強いです。

 

犬のようにガツガツと一気に完食する猫は少なく、

少しずつ分けて食べる猫の方が多いような気がします。

 

因みに、我が家のオス猫は3匹とも、

少しずつ数回に分けて食べる食事のスタイルですが、

 

メス猫(1匹)の方は、結構ガツガツと食べる

食事スタイル なので、

若干普通の猫とは違うタイプですかね?

 

少しずつ分けて食事をする方が、

一般的な猫の食事スタイルのようですが、

ものの本によると、

「ちょい食べ」をする習性は野生時代の名残り

との事です。

 

自然の中で野性生活を強いられていた時代は、

食べ物である餌の捕獲は全て自分の腕次第です。

いつでも餌となる小動物を捕獲できるとは限りません。

 

次の食事がいつできるか分からない状況を解決するには、

少し食べては残し、お腹がすいた時にまた食べるというように、

捕獲した餌を何度かに分けて食べる習慣となったようです。

 

「いつでも好きな時に食べられる」状況の飼い猫になっても、

この野性時代の習慣が残っている為のようです。

猫がご飯を残す、他に考えられる原因

f:id:ascot70:20210530165941j:plain

猫がご飯を残す、他に考えられる原因としては、   

  ・体調不良による食欲不振

  ・高年齢によるもの

などが考えられると思います。

体調不良による食欲不振

f:id:ascot70:20210530170039j:plain

僕の体験的な話ですが、

保護猫と共に生活し、

その状況を見る限りは、

その日の体調不良だけが原因の場合は、

1日~2日もすれば食欲が戻るので、

あまり心配することはありません。

 

但し、単なる体調不良ではなく、病気が原因で

食事の量が減ってきた場合は、要注意ですね。

 

キャットフードをドライからウエットにしたり、

その逆にしたり、 いろいろな物をトッピングしても、

食欲が戻らない場合は 単なる体調不良ではなく

病気を疑った方がいいと思います。

 

元気な時の食事を与えている時間、その量、食べ方、

普段の生活状況を詳しくメモして、

獣医師さんに相談することをお薦めします。

 

獣医師さんとの問診の時に、このメモがあれば、

かなり冷静かつ客観的な状況説明ができるだけでなく、

獣医師さんと飼い主さんとの信頼関係の構築に

繋がりますので、メモ作成はオススメです。

高年齢によるもの

f:id:ascot70:20210530170250j:plain

人間も年齢を重なる毎に、

食事の量が減ったり、

好みのオカズの内容が変化してきますが、

 

猫も高齢になると、人間と同じように

食事の量が減ってくることはあります

 

また、好みだったフードの種類も

変化することがありますね。

我が家の高齢猫も、

食事の量がだんだん減ってきています。

 

さらに、今まで好んで食べていた

おかか入り」 ウエットフードも

残すようになりました。

 

茹でた鶏のささみをトッピングしたり、

猫用のふりかけをトッピングすることで

においや見た目に変化をつけて、

食事の量をなんとか確保できている状況です。

 

ただ人間もそうですが、高齢になると普段の運動量も

少なくなるので、摂取カロリーと消費カロリーの

バランスからいっても、問題ないと思っています。

まとめ

猫がご飯を残す原因には、餌の確保に苦労していた

厳しい野生時代の名残りがあるようです。

 

また、人間と同じように高齢になると

運動で消費するカロリーが少なくなるので、

自然と摂取するカロリーも少なくなるようです。

 

体調不良による食欲不振でなければ、

あまり心配しないで、

普段の生活の状況を見ながら

食事のスタイルを観察することで、

その猫の食習慣を把握できると思います。

 

我が家では保護猫たちを、そのように見守って

日常を過ごしています。

 

それでは以上で、

「猫がご飯を残す原因とは? 野生時代の名残り! 他には?」

について終わります。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

ソマリは活発な猫!仲良くなるには?里親募集でソマリに会えるの?

f:id:ascot70:20210626163055j:plain

ソマリは活発な猫!仲良くなるには?里親募集でソマリに会えるの?

ソマリは狐の尾っぽのような長いフサフサした
長い毛の尾っぽや、身のこなしが活発で、
優雅さと野性味を併せ持った姿で人気の猫です。

 

ソマリは活動的な猫!

f:id:ascot70:20210626163306j:plain
顔はくさび型で丸みのある形状をしていて、
かなり活発でしなやかな身のこなしが特徴です。

 

他の猫にくらべて、かなり筋肉質の身体で
あまり大きくならず身軽な体型のため
その行動は、非常にアクティブです。

 

上下運動が大好きな猫なので、
飼い主さんの頭や肩の上に乗ることもあります。

この運動量を確保してあげるためにも
キャットタワーがあればベストだと思います。

 

ソマリは筋肉質でほっそりとした体形のためか、
「バレエキャット」とも呼ばれています。

ソマリと仲良くなるには?

f:id:ascot70:20210626163346j:plain
ソマリはかなり頭脳明晰な猫で、
長年、人に愛させてきたためか、
凄く甘えんぼな猫が多いようです。

 

人との触れ合いが大好きなため、
飼い主さんがソマリとのコミュニケーションを
大切にすることで、より一層ソマリとの
良い関係が気付けます。

 

ソマリは賢くて洞察力があり、
好奇心旺盛な性格のためか、
飼い主さんのすることをよく見ています。

 

猫なのに飼い主さんとのコミュニケーションが
うまく取れ、しつけもしやすい猫なので、
「犬のような猫」だとも言われています。

 

飼い主さんがソマリのことを大切に思い、
それを日常の生活の中で伝えることが大切です。

 

そのためには、1日に10分以上は
ソマリと集中して遊んであげる事が大切です。

 

そうすることで、ソマリとの
より良い関係が気付けること請け合いです。

 

「保護猫のソマリ」との出会いはあるの?

f:id:ascot70:20210626163410j:plain
純血種のソマリが保護されて、
里親募集していることはあるのか?
チョット調べてみました。

 

「ソマリ 保護猫」や「ソマリ 里親募集」で
Google検索してみると、いろいろなサイトが
ありました。

  • ハッピーハウス
  • 東京キャットガーディアン
  • ジモティ
  • ペットのおうち

 等々

里親募集しているサイトの画像を見ると、

どの猫んちゃんも愛くるしく

可愛い猫ちゃんばかりです。

 

里親募集の団体から保護猫を

譲り受けた経験の無い僕ですが、

いろいろなサイトの画像を見ると

 

こんな可愛い子たちを向かい入れたい

衝動にかられ、チョット心がザワザワします。

 

まとめ

f:id:ascot70:20210626163441j:plain

今回調べてみると「ソマリ」という猫種は
愛くるしく活発で上下運動が大好き。

 

そして、
飼い主さんとのコミュニケーションが
上手にとれ飼いやすい猫だと
分かりました。

 

以外なのは保護されたソマリが
以外に多いのもビックリでした。

 

但し、非常に飼いやすい猫のためか、
里親募集していたものの「受付終了」
している数も結構多い印象です。

 

それでは以上で、
「ソマリは活発な猫!仲良くなるには?里親募集でソマリに会えるの?」
について終わります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

猫はなぜ可愛いのか? その理由を徹底解明!

f:id:ascot70:20210620174120j:plain

猫はなぜ可愛いのか? その理由を徹底解明!

猫がなぜこんなにも可愛いのか、

自分の感情が不思議でなりません。

猫は飼い主にもそっけない態度を

取ることがあるため、

僕はあまり 猫は好きではありませんでした。

 

猫が我が家の家族になる前は・・です。

 

それが、いつのころから猫が好きになったのか、

自分の感情の変化も交えて記事にしてみました。

 

もちろん、科学的な根拠なんて・・・

まったく、ありません!!

我が家のメス猫が家族になった経緯

冷たい雨の日に、

ずぶ濡れの瀕死の子猫を

見てみぬふりが出来ずに、

後先かまわず保護して、 しまった。

 

病院に駆け込み数日入院して、

極限に弱った状態を何とか乗り越えて

我が家に迎えた後に、感じる自分の感情!

 

「 何故、猫はこんなにも可愛いのか?」

が不思議でなりません。

 

僕が感じる猫の可愛さは、

次のような要素だと感じています。

ゴロゴロという鳴き声

f:id:ascot70:20210620174238j:plain

この写真ではもちろん鳴き声は聞けませんが、

自分を信頼していると感じてれば、

 

この子は、抱っこしてあげれば、

すぐにでも 「ゴロゴロ・・・ゴロゴロ」と鳴き声をあげ、

身体をべったりと預けてくること 請け合いです。

 

「ゴロゴロ」は、飼い主にとって、

本当に癒される・・・たまらんぜよ・・・!

「ニャーン」という甘えた鳴き声

f:id:ascot70:20210620174328j:plain

ツンデレな猫でも、自分の要求を主張するとき、

「ニャーン」という鳴き声をあげて、

擦り寄ってきます。

 

子猫の時代は、お腹がすいたり

親猫に甘えたりするときに、

この「ニャーン」という鳴き声をあげます。

 

しかし、大人の猫になると、

猫同士では この「ニャーン」という鳴き声をあげて

猫同士のコミュニケーションを 取ることはありません。

 

先日、テレビ番組で見ましたが、

大人の猫が飼い主に、して欲しい事を要求する時に、

この「ニャーン」という鳴き声をあげます。

 

どうも、人間と猫が共存し始めた頃から、

猫が会得した自分の要求を求めるための

行動(鳴き声)のようです。

 

この、「ニャーン」という鳴き声をあげ

飼い主に擦り寄ってくる行動は、

猫のと信頼関係で繋がっている感覚になり

胸がキュンとなる瞬間であります。

大きな目

f:id:ascot70:20210620174422j:plain

この写真の子がそうであるように、

身体大きさに比較して「目が大きい」のが、

人が可愛いと感じる大きなの理由だと思います。

 

人間の子供も、体に比較して目が大きいと 思いますが、

この要素が可愛い→守ってあげたい

という図式があるように感じます。

まとめ

f:id:ascot70:20210620174452j:plain

犬は好きでも、猫はちょっと・・・

という犬派だった僕が、

保護猫を迎えた時から 猫の可愛さに目覚めてしまった。

 

まだまだ、猫に可愛さ・魅力的なことは 沢山ありますが、 僕にとっては

  • 「ゴロゴロ・・ゴロゴロ」という鳴き声
  • 「ニャーン」という甘えた鳴き声
  • 身体大きさに比較して「大きな目」

が、猫にハマった理由です。

 

この記事のタイトルと違い、

猫の可愛さの徹底解明ではありませんが、

以上で、

「猫はなぜ可愛いのか? その理由を徹底解明!」

について終わります。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

黒猫は甘えん坊で賢く、とてもフレンドリーな性格の猫

f:id:ascot70:20210530174843j:plain

黒猫は甘えん坊で賢く、とてもフレンドリーな性格の猫

ミステリアスで独特の存在感を放つ「黒猫」ですが、

ヨーロッパでは不吉な猫として嫌われていますが、

 

実は非常に性格が良く、とても甘えんぼでフレンドリーで、

賢く、穏やかで、オットリした、

一面もあること知ってましたか?

黒猫は穏やかでオットリとしていて甘えん坊

f:id:ascot70:20210530174957j:plain

黒猫は見た目で怖い感じを抱くせいか、

保護された猫と飼い主さんが出会う会場でも、

意外と敬遠されるようです。

 

がしかし、黒猫は一般的に

「賢く、穏やかで、オットリしていて、

甘えん坊」な 性格の猫が多いと言われています。

 

また、黒猫は賢く、甘えん坊なためか

「飼い主さんによく話しかける」傾向があるそうです。

 

一旦、黒猫が家族になるとメロメロになる

飼い主さんが 多いのも分かる気がします。

 

我が家に家族として向か入れた猫は、すべて保護猫です。

ほとんどは、冷たい雨が降る日に震えている子猫を

保護して、家族として向かい入れていますが、

 

町中で見かける のら猫、それも困っている黒猫に

残念ながら、出会ったことがありませんので、

我が家の家族の猫には黒猫はいません。

 

町中に困っている黒猫がいれば、

我が家に家族として向か入れることが

できるのですが、

意外と黒猫は見かけませんね?

 

我が家の三毛猫も「飼い主によく話しかけて」

くれますが、もし我が家に性格のいい黒猫が

来てくれたら、 僕と三毛猫と黒猫の三角関係が

どんなことになるのか、楽しみでもあります。

黒猫はクールに見えるが、性格が良く家族とも仲良くなれる!

f:id:ascot70:20210530175250j:plain

黒猫は、色のイメージから

「ミステリアスで、怖くて、不吉な感じ」と

思われがちですが、

実はとても性格がよく他の動物や家族とも

とても仲良くできる性格の猫が多いのも

黒猫の特徴です。

 

動物病院に連れていても、忍耐強く物静かに診察を受ける、

獣医師さんにも評判がいいのも黒猫の特徴です。

 

我が家の家族の一員である白一色の白猫に、

黒一色の黒猫が家族になったくれた場面を、

想像するだけで、ちょっとワクワクしますね。

 

きっと、黒猫はその場の空気を読む適性があるので、

最初は、おとなしくして他の猫の行動を見ながら、

遠慮がちに生活するのではないでしょうか?

 

しばらくして慣れてくれば、

オットリした白猫とも当然うまい関係を築き、

ちょっと攻撃的なメスの三毛猫とも、

良好な関係を築いてくれるのでないかと、

想像しています。

ちょっと可愛い、黒い子猫

f:id:ascot70:20210530175439j:plain

上の画像は、黒猫の子猫だと思いますが、

私のお気に入りの一枚です。

 

黒猫というよりも、子熊といってもいいかもしれませんね?

ちょこんと出したベロに、

愛くるしい目がなんとも素敵な子です。 ち

 

ょっと皆さんに紹介したくて、写真を載せました。

まとめ

f:id:ascot70:20210530175526j:plain

黒猫は、その見た目からクールで、ミステリアスで、

ちょっと怖い感じがして、近寄りがたい猫に感じますが、

 

実は非常に性格が良く、

とても甘えんぼでフレンドリーで、

賢く、穏やかで、オットリした、

一面があることが分かりました。

 

さらに、性格が良く家族とも仲良くなれるので、

とても素敵な家族になってくれるでしょう。

 

それでは以上で、

「黒猫は甘えん坊で賢く、とてもフレンドリーな性格の猫」

について終わります。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

三毛猫は非常に賢く気が強い! 一方甘えん坊な一面もある?

f:id:ascot70:20210530173336j:plain

三毛猫は非常に賢く気が強い! 一方甘えん坊な一面もある?

三毛猫は遺伝子的にほぼメス猫に限らています。

(オスの三毛猫は3万匹に1匹らしい)

三毛猫はメス猫の特徴である、

気が強い猫が多いように感じます。

そして、三毛猫は非常に賢い猫で、

トイレはほぼ一発で覚え粗相を

することはありません。

 

三毛猫は女王様タイプの猫が多いせいか、

人の好き嫌いがはっきりしているのも

大きな特徴ですね。

三毛猫は非常に賢く気が強い!人の好き嫌いがはっきりしている

f:id:ascot70:20210530173502j:plain

三毛猫は遺伝子的にほぼメス猫に限られ、

オスの三毛猫は3万匹に1匹しか生まれないそうです。

 

メス猫で気が強い・・これはもう完全に

女王様タイプで決まりですね・・・。

 

多頭飼いしている家では、

沢山のオス猫の中で、

悠然とオス猫を見下し、

時には自分より大きなオス猫に

果敢に猫パンチを平気でくらわすのが、

女王様タイプの三毛猫の特徴です。

 

さらに、三毛猫は賢い猫が多いように感じます。

我が家の三毛猫も保護したその日から、

トイレの場所を認識して、

粗相なく大小とも済ませてくれました

 

保護した直後は、衰弱した状態だったので

病院に行きましたが、おとなしく治療を

受けてくれました。

 

結構辛い治療もあったはずなのですが、

健気に我慢をして獣医師の先生の治療を

受けてくれる・・・、

 

これなどは、自分が今どのような状況に

置かれているのかを、

ちゃんと認識できる賢い一面だと思います

三毛猫は甘えん坊な一面もある?

f:id:ascot70:20210530173705j:plain

三毛猫は女王様タイプの性格のせいか、

人の好き嫌いもはっきりしているように感じます。

 

自分の好きな人には凄く甘えるのに、

自分にとって気に入らない人には、

徹底的にツンデレな態度を取りますね・・・。

 

自分が好きな人は、徹底的に甘えん坊な一面を見せます

飼い主を含めて家族のなかでも、

その三毛猫から見て好き嫌いがハッキリしているので、

非常に分かりやすいです。

 

気に入られている家族は、

デレデレしてくる三毛猫に非常に満足だし

メロメロになりますが、

 

猫に嫌われている家族にとっては残念だし、

なんで嫌われているのか分からず、

非常に落ち込みます・・・。

 

自分の好みでない人には身体を触られるのも 嫌なようで、

ハッキリと嫌ですと意思表示

(シャーと怖い顔をして怒ったり)しますね ・・・

これが意外と怖い。

我が家の三毛猫は猫パンチが得意

f:id:ascot70:20210530173848j:plain

上の画像は、我が家の三毛猫です。

 

我が家の三毛猫も、もちろんメス猫です。

保護したときは痩せて病気がちでしたが、

病気が癒えて我が家の環境に慣れてくると、

ご飯も そこそこの量を食べてくれるようにになりました。

 

メス猫で身体が小さい(体重3.2㎏程度)ため、

身体の大きさはオス猫の半分以下に感じました。

 

我が家のオス猫(すべて保護猫)が3匹いる状況で、

このメスの三毛猫を保護したのですが、

最初は他の猫とうまくやっていけるのか心配でした。

しかし、その心配はまったく無用でした・・・?

 

保護して後、2週間もしないうちに、

オス猫を追い掛け回し、

猫パンチを見舞う強気で女王様なメス猫に

変身しました・・・

まあ、 これがメスの三毛猫の

最大の特徴なのでしょうね。

 

我が家の三毛猫も、一般的な三毛猫の性格通り、

人の好き嫌いがはっきりしています。

 

夜、僕が仰向け寝ていると、

必ず僕の胸のあたりに乗っかってきて、

僕の顔に、自分の右手をチョンチョンと乗せて、

自分の頭と背中のナデナデを要求してきます。

 

それも、一度では満足してくれなく、

数回繰り返すのが日課になっています。

 

そのルーチンを何度か繰り返して満足すると、

僕の布団の中に潜り込んで、

僕の左脇で寝る動作に入ります。

(僕の右脇で寝ることは無く、必ず左脇です?)

 

僕が寝がえりをした時に、

潰してしまうのではないかと

心配なほど、僕に密着して自分も寝てしまいます。

このような行為は、我が家の奥さんには絶対に

要求しませんし、且つ、

奥さんの寝床には絶対に入ろうとはしません。

ほんとに好き嫌いがハッキリしています。

 

徹底的に奥さんのことが嫌いなのかと思うと、

そうではありません。

奥さんが早朝に座禅を組んでいると、

その組んだ足元にスッポリと収まって、

静かに奥さんの瞑想が終わるまで

じっと目を閉じて最後まで

付き合っています・・・不思議?!。

 

奥さんの瞑想の波動と、このメス猫の感性が

見事に合致しているのかもしれません

まとめ

賢くて気が強くて、女王様タイプが多い三毛猫ですが、

飼い主として受け入れられ、猫から気に入られれば、

こんなにカワイイ猫は、他にいません。

 

個体差もありますが、猫に気に入られ

猫に受け入れてもらえれば、

猫好きの人にとっては、一度は飼ってみたい猫の

ひとつになるのではないでしょうか?

 

それでは以上で、

「三毛猫は非常に賢く気が強い! 一方甘えん坊な一面もある?」

について終わります。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

サビ猫はとても穏やかで優しく甘えん坊。幸運を運ぶ猫です!

f:id:ascot70:20210530164440j:plain

サビ猫はとても穏やかで優しく甘えん坊。幸運を運ぶ猫です!

サビ柄の猫は、黒と茶色のかなり複雑な柄の毛色を持つ猫です。

毛色の柄で三毛猫との違いはよくわかりません。

 

サビ柄の猫も三毛猫と同じように、

遺伝子の影響でほとんどがメス猫です。

 

サビ柄のオス猫に会えるのは、

おそらく沢山の患者(猫)さんに

出会うことができる獣医師さんぐらいではないかと思います。

サビ猫はとても穏やかで優しく甘えん坊

f:id:ascot70:20210530164610j:plain

サビ柄の猫は、三毛猫と同じでほとんどがメス猫です。

 

サビ柄の猫は、茶色と黒と赤のかなり複雑な柄で

三毛猫との違いが分からないのが正直なところです。

 

サビ猫は日本ではあまり人気はありませんが、

サビ柄がべっ甲柄にも見えるところから、

海外では人気の猫の部類に入るようです。

 

サビ柄の猫は、三毛猫と同じように

性格は優しく甘えん坊さんが多い気がします

 

我が家のメスのサビ猫(三毛猫かも?)も、

大変な甘えん坊さんで、

僕に対しては猫特有のツンデレが態度はまったくなく、

いつもデレデレと甘えてきます。

 

女房に対しては、結構ツンデレな態度なのですが・・・

 

さらに、引っ込み思案な性格も併せ持っているせいか、

家にお客様が来るといつの間にかいなくなって、

お客様が帰ると何処からともなく

現れる行動をとることが多いですね。

 

この点も、我が家のメス猫は、お客様が苦手ですね?

 

敏感に飼い主さん(あなた)の気持ちを読み取りながら、

その場の空気を読んで行動する、

サビ猫はそんな生き方のうまい猫だと思います。

 

三毛猫と同じようにサビ柄の猫も、

性格がものすごく穏やかで優しくて、

引っ込み思案で甘えん坊な猫が多いと思います。

 

あなたに寄り添って甘えたりされたら、

あなたは運命的な出会いと思い(勘違い?)、

すぐにメロメロになること請け合いです・・・

サビ猫は「幸運を運ぶ猫」らしい!

f:id:ascot70:20210530164855j:plain

サビ柄の猫は、毛の色が三色(黒・赤・茶)の

複雑な色で構成されていることから、

これらの毛色が悪い出来事を追い払い、

幸運をよぶ色柄と言われ

「幸福を運ぶ猫」と珍重される場合もあります。

 

僕的には、三毛猫もほぼ同じ毛色に見えるので、

サビ猫と同様に三毛猫も「福をもたらす」

猫の部類に入れたいですね。

 

我が家の猫の中の一匹として存在感のある

四色柄(黒・オレンジ・茶・白)の猫は、

おそらく三毛猫だと思いますが、

もしかしたらサビ猫かもしれません。

 

寒い雨の日に保護して我が家の

家族になってくれた後、

間違いなく言えることは

「幸福を運ぶ猫」になってくれました

 

この猫が我が家にやってきた後は、

沢山の素晴らしい人との出会いが続いたり、

低迷していた仕事が上昇に転じて順調に運んだりと、

いろいろ「幸運が舞い込んだ」と感じています。

 

まさに、我が家のサビ猫(三毛猫?)は

「幸運を運ぶ猫」に違いありません。

まとめ

f:id:ascot70:20210530165112j:plain

三色柄(黒・赤・茶)の毛色が特徴のサビ柄の猫、

凄く穏やかでで優しく甘えん坊な猫です。

 

あなたの気持ちを読みながら

コミュニケーションしてくれるので、

あなたとも良好な関係が築けるのも

サビ柄猫の特徴だと思います。

 

一方、僕の独善的なお思い入れが

あるかもしれませんが、

サビ柄の猫は「福を呼ぶ猫」「幸運を運ぶ猫」

と思っています。

 

我が家に来てくれたサビ猫(三毛猫?)

との暮らしを楽しみたいと思います。

 

それでは以上で、

サビ猫はとても穏やかで優しく甘えん坊。幸運を運ぶ猫です!」

について終わります。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

スコティッシュフォールドは甘えん坊!ヤンチャで子供っぽい?

f:id:ascot70:20210530112640j:plain

スコティッシュフォールドは甘えん坊!ヤンチャで子供っぽい?

スコティッシュフォールドはヤンチャで子供っぽく甘え坊な猫です。

可愛い折れ曲がった耳と、愛くるしいまんまるの目で見つめられ、

子供っぽく甘えられたら、もうメロメロなること請け合いです。

スコティッシュフォールドは甘えん坊!

f:id:ascot70:20210530112730j:plain

スコティッシュフォールドは子供っぽく甘え坊な猫です。

メス猫よりオス猫の方が、甘えん坊な性格が強いようです。

 

もちろん成長と共に子供っぽさは消えていく傾向にありますが、

去勢を済ませたオス猫は、大人の猫になっても

甘えん坊で子供っぽい性格が残るようです。

(もちろん、個体差はありますが?)

 

上記の画像のように、

スコティッシュフォールドの可愛い折れ曲がった耳と、

愛くるしいまんまるの目で見つめられ、

子供っぽく甘えられたら、

僕ならメロメロになり、

この子のためなら どんなことでも許しまうでしょうね?

 

もし病気にでもなったら、

どんなにお金が掛かっても

いいお医者さんを探して

全力で治療することになると思います。

 

スコティッシュフォールドはヤンチャで子供っぽい?

f:id:ascot70:20210530112954j:plain

猫は一般的に子猫の頃は、運動量が豊富でイタズラが大好きですが、

スコティッシュフォールドの子猫も例外ではありません、

非常に好奇心が旺盛でヤンチャで子供っぽい

性格の子が多いのが特徴です。

 

特に、スコティッシュフォールドのオス猫は

飼い主が困るくらい子供っぽく、

イタズラを仕掛けてきます。

これに付き合ってあげること大切ですね・・?

 

何故なら、普段しないようなイタズラをする場合は、

「かまって欲しい」のサインと受け止め、

猫と一緒に過ごす時間を増やすべきですね。

 

猫と一緒に過ごし、真剣に遊んであげる事で、

猫との良好な関係が維持できる、ことになるからです。

f:id:ascot70:20210530113143j:plain

普段しないようなイタズラをされると

イラとすることがあるかもしれませんが、

ここでイラつかないで、遊びにうまく

付き合ってあげられれば、

 

スコティッシュフォールドのご機嫌もなおり

甘えて子供っぽい仕草を見ていれば

飼い主さん側のストレスも解消するという

一挙両得の効果が得られるのではないでしょうか?

大人になるとは喜怒哀楽が少なく、のんびりした性格になる?

f:id:ascot70:20210530113250j:plain

子猫のころは、ヤンチャで子供っぽく甘えん坊な

スコティッシュフォールドも大人の猫になるにつれて、

喜怒哀楽が少なく、のんびりした性格になっていきます。

 

この傾向は、スコティッシュフォールドに限らず、

一般的な猫の成長過程でみられる傾向ですね・・・。

 

スコティッシュフォールドの場合は、

オス猫にくらべてメス猫の方が、

その傾向(喜怒哀楽が少なくなる)が強いようです。

喜怒哀楽が少ない分、ストレスをためがちなようです。

 

喜怒哀楽が少ないメス猫ですが、

それでもスコティッシュフォールドとして

本来の甘えん坊な性格は残るので、

 

メス猫はクールでツンツンしている時と、

思いっきり甘えてくる時のギャップがあります

 

甘えてくるときは、ストレス発散のためにも

十分な時間をとって遊んであげたいですね・・。

 

そんなツンデレなギャップが可愛くて

メロメロになる 飼い主さんがいることも事実です。

まとめ

f:id:ascot70:20210530113528j:plain

スコティッシュフォールドは子供っぽく甘え坊な猫で,

メス猫よりオス猫の方が、甘えん坊な性格が強いようです。

 

スコティッシュフォールドの子猫も、

一般的な子猫と同じように、

非常に好奇心が旺盛でヤンチャで子供っぽい

性格の子が多いのが特徴です。

 

子猫のころは、ヤンチャで子供っぽく甘えん坊な

スコティッシュフォールドも大人の猫になるにつれて、

喜怒哀楽が少なく、のんびりした性格になっていきます。

 

こんな傾向のスコティッシュフォールドですが、

家族に一員に迎えられたらいいのですが?

現在、神様から預かっている猫

(我が家の猫はすべて保護猫)の数を見ると

なかなかですね・・・?

 

それでは以上で、

スコティッシュフォールドは甘えん坊!ヤンチャで子供っぽい?」

について終わります。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。